大和市 大和駅前肩こり腰痛センター HOME > 各症状の原因と施術について > どうして姿勢がわるくなるのでしょうか?

どうして姿勢がわるくなるのでしょうか?


私たちが、日常生活で行なう作業のほとんどは手元で行い、下を向かないとできません。


デスクワーク(パソコン、スマホ、字を書くなど)
家事(アイロン、料理、掃除など)
趣味(ゲーム、物作り、読書など)


手元の作業は腕を前に出して行ないます。すると、肩が前に来て背中が丸まりやすくなります。


逆に、手を後ろに回すこと(背中を掻く、頭を洗うなど)、上を向くこと(目薬をさす、うがいをするなど)は数えるほどしかありません。


背中を丸めることで猫背がひどくなりやすいです。


背中を丸め続けると、筋肉がその状態に慣れてきます。


習慣になった状態が楽に感じて、筋肉の癖が付きます。


背中を丸め続けると、背骨の関節が反りにくくなり


腰痛や肩こりになりやすいです。


普通に日常生活を送るだけでも姿勢の悪くなる原因は沢山あります。
姿勢が悪くならないためには、その分の埋め合わせが必要になります。


ストレッチポールなどを使用して、猫背を改善しましょう。



<参考文献> 磯田拓魔著「病気をハネ返す姿勢 病気を呼びこむ姿勢」主婦の友社
姿勢教育塾「教材テキスト」より

▲ページ上部へ戻る