大和市 大和駅前肩こり腰痛センター HOME > 各症状の原因と施術について > 何故頭蓋骨調整をするのか

何故頭蓋骨調整をするのか

当院では頭蓋骨調整を重視しています。

全ての身体の不調に関係し、
うつや自律神経失調症、パニック障害といった精神的な問題にも影響があるからです。


整体の頭蓋骨(頭)の調整だと小顔や美容系のイメージがあるかと思いますが


頭蓋骨=脳は司令塔の役割を果たしています。

脳から脊髄神経が出ています。


脳と脊髄は身体の中枢。


脳と脊髄を損傷したら健康を損なうどころの話ではなく


生命維持するのも厳しくなります。


脳は頭蓋骨が保護し、脊髄は背骨が保護する。


頭蓋骨と背骨がいかに重要かこれだけでも分かる思います。


人間は常にストレスを受けて生きています。

「痛い」「暑い」「寒い」「疲れた」といった身体的ストレス


人間関係や仕事や家庭、学校、金銭といった精神的ストレス


他にもPC、スマホ、電子機器からの電磁波、気温、気圧の変化、昼夜逆転の生活、食生活、栄養の過不足、排気ガス、大気汚染、薬、カフェインや糖質の過剰摂取といった環境的、科学的ストレス...。


人間の身体にはストレス情報を受けるセンサーが沢山あります。


そのストレス情報は全て脳に伝えられます。


脳は司令塔。


脳はそこから神経、ホルモン、呼吸、血流、全ての内臓、筋肉を動員して


身体の状態や環境の変化に対応出来るように指令を出します。


つまり、人間が健康でいられるのは脳がしっかり働いているから。


しかし、脳が受けるストレスが許容範囲を超えてしまうと......


正しく指令が伝えられない。


そうなると身体は最適な状態に適応出来なくなる。


そして自律神経失調症や精神的疾患、全て身体の不調を引き起こすのです。


ストレスが多くなる→脳ストレス過剰→頭蓋骨硬くなる(脳疲労、脳緊張)→脳圧が上がる→


脳脊髄液の循環悪くなる(脳から脊髄に流れずに脳脊髄液が脳に溜まる)


(脳脊髄液は脳や脊髄の保護、栄養素の運搬、老廃物の排泄などを行っています)


→頭蓋骨がパンパンに膨れる(顔が大きくなる)


→原因不明の不定愁訴(頭痛、めまい、耳鳴、不眠症、だるさ、うつ病、自律神経失調症など)が起こります。


脳ストレスを解消するのはセロトニン


実は人間にはストレスを回避出来る機能が備わっています。


それが脳の神経伝達物質のセロトニン。


このセロトニンが脳ストレスを解消し、心身ともに健康でいられるのです。


セロトニンの主な役割は

1.脳の覚醒(スッキリ)
2.心の平穏、安定、平常心(理性)を保つ
3.自律神経の調整
4.痛みの抑制
5.良い姿勢を維持する


セロトニンが分泌不足だと心身ともに不調になるのは分かると思います。


当院の頭蓋骨調整でこのセロトニンが分泌されます。

これは科学的、医学的的にエビデンスがあるセロトニン活性療法を行っているからです。


脳脊髄液の循環も良くなります。


脳脊髄液の循環が良くなると脳に溜まらないので


パンパンだった顔が小さくなります。


(ちなみに世間での小顔矯正は顔のむくみが取れるから小顔になるのです。骨が小さくなる事は医学的にも決してありません。ふくらはぎのむくみが取れると脚が細くなるのと同じ原理です。強い圧で頭蓋骨を押す施術は危険なので止めましょう)

頭蓋骨の調整=セロトニンの分泌促進、脳脊髄液の循環促進=脳ストレス軽減=心身ともに健康


頭蓋骨調整は非常に重要なのです。

▲ページ上部へ戻る